結納や婚約会に向けて

また結納や婚約会をしないなら、食事会の席で結納金や婚約記念品を渡すこともあるから、
両家できちんと話し合っておこう。

その場合は必ず個室のある店を。
服装も、あっちはフォーマルで、こっちはカジュアル…な~んてことがないように、ちゃんと決めておこう。

で、いよいよ当日。
両家の顔合わせがいちばんの目的といっても、食事会には挙式準備の初めての話し合いの場という意味もある。
ただ集まって世間話をしながら飲み食いして終わりってことにならないように気をつけて。

別に口上や段取りに決まりはないけど、男性本人やその父親が進行役になって簡単な自己紹介や挨拶、乾杯、食事などをしながら、
今後の予定について話し合うっていうのがベスト。

もちろん両家のコミュニケーションが大事だから、格式ばらずに気分をほぐして食事とおしゃべりを楽しもう。
相手の両親の情報、仕事や趣味なんかはあらかじめ両親に伝えておくと、親同士が勝手におしゃべりしてくれるかもしれない。

出会っているからある程度はやってくれるものの
話題に詰まると「やっぱり結婚式は恥ずかしくないものにしたいですわよねぇ」なんて親同士がヤバイ方向に走る危険もあるしね。

結納をしたのなら結納品を飾るとか、婚約記念品の交換をするとか、ちょっとフォーマルなセレモニーの要素があれば、もうお見事、完壁!
食事会が終わる頃には親同士も打ちとけて、会話も弾むようになれば、こりやも-シメタもの。
あとは一気に入籍なり、結婚式なりに突き進めばいいのだ。


出典:結婚相談所 選び方