俺は変わったわけじゃない。元々こういう性格なんだ

DN038_L

私が昔つき合っていたボーイフレンドは、車で3時間くらい離れた所に住んでいました。
長距離とまではいかないので中距離恋愛とでもいうのでしょうか。

私はまだ学生だったので彼は学校まで迎えにきてくれ、帰りは私の家に寄って家族とともに食事をして、夜帰っていくそんなつき合い方でした。
まるで、近所にでも住んでいるかのようなフットワークのよさに、「この人はよほど車の運転が好きなんだ」と、思い込んでいました。
両親の結婚記念日には必ずプレゼントを贈ってくれたり、まだ幼かった妹にお年玉をくれたり……、本当にやさしい人でした。

ほとんど毎晩電話をかけてくれたのは言うまでもありません。

ところがつき合いが長くなってくると、彼の態度はだんだん変わり始め、
まず3時間かけて私の住む街へは来たがらなくなり、電話も少なくなってきました。
いつしか、私のほうが彼の所へ会いに行くだけになっていたのです。

そして二人きりで会うどころか、彼の友達を交えて会うことが多くなり、
そんなときは私のことなど無視して友達と騒ぎ、ましてや私の家族とはあまり接することがなくなりました。

ある日、口論になったとき「あなた、変わったわね」と言うと、彼はこう反発してきました。
「別に変わったわけじゃない。元々こういう性格なんだ。
ただ、君に好かれようとして、君の家族にも気に入られる努力をしてただけだ!」と。

私は驚きました。
驚きのあまり涙が出てきました。

でもそれが事実だったのです。

まず相手がいないと、何もできないので、相手を探してください。


出典元:出会いがない 社会人

彼女が1年半で離婚した理由

DN023_L

「こんなに自分に合う男性はいない!」と、いつも人目もはばからず仲良くしていたカップルがめでたく結婚したのですが、なんと1年半で離婚。
その原因を聞いてみると、結婚前の彼は忙しい職場にもかかわらず、極力時間を空けてデートしてくれたし、
会ったときはやさしく肩を抱いたり、手をつないでくれ、
また、彼女の変化をめざとく見つけては、「髪、切ったんだね。きれいになったよ」、「その色とても似合うね」とほめてくれたそうです。

ところが結婚したとたん、愛の言葉をかけるどころか、会話もほとんどなくなり、
彼女がくつろいでいる彼に寄り添ったりすると、迷惑そうな顔をするようになったというのです。

彼にしてみれば会社から疲れて帰ってきて、家で待っていてくれる彼女の姿を見るだけで満足して、
特に愛情表現をしなくても心では愛しているに決まっているじゃないか!というのです。

お互いの言い分は双方正しいと言えば正しいし、わがままと言えばわがままなのです。
とにかくこれ以上我慢できないと彼女が家を飛び出してしまい、二人は破局を迎えたのです。

最初は誰もがすべての感覚で愛を表現するのですが、いざ自分のものになってしまうと自分の感覚だけで接してしまう傾向が強いようです。
この場合は、男性が視覚で愛を感じる人だったため、彼女の顔を見ているだけで満足してしまい、
他の感覚を使わなくなってしまったのが、亀裂の原因だったのです。

参考:

意外と大事な結納

MIX46084

「結納?アナクロ~。なんで結婚すんのにするめや昆布あげるわけ?」
「結納金なんてもったいないじゃん。面倒くさそ-だし」な~んて始末で、最近じゃちょっと人気ダウンの結納。

しか~し、するめや昆布はダテじゃない!伝統的な儀式ならではのよさや意外なメリットもあるのだぞ。
実際、結納なんかしたくなかったけど出会ったカップルもやってみたらすごくよかったという。
一生一度のけじめって感じで、結婚への意識が高まった」と男性が言えば、女性側も「大事にされてるって感じて嬉しかった」。

こういう精神的な満足感が結納のよさ。
確かに面倒くさい部分もあるけど、このフォーマルさ、伝統儀式らしさこそ思わぬメリットなのだ。
成人式以来、たんすの奥にしまわれた懐かしの振り袖を着られる最後の機会でもあるしね。

まあ、振り袖を着るかどうかはともかく、「入籍はあとだの、式はしないだの、とんでもない!」なんて
頭のカタイ親には、「式も入籍もいずれするけど、とりあえず結納だけきちんとしておくよ」ってなキメゼリフが想像以上に効くんだな。

しかも結納って親が主体の儀式でしよ。
だから「面倒なことやってもらっちゃお。」ってなふたりには超便利。これを利用しないテはないよ。

正式な結納は仲人が両家を往復して交わすものだけど、今では仲人を立てずに両家が一同に集まったり、男性がひとりで女性の家に行く略式がほとんど。
行なう場所も女性の家のほか、料亭やホテルなど。
ホテルや結婚式場では結納品の準備から会食、それに進行役までセットにした結納パックもあるから便利だよ。


参考:マッチドットコム口コミ

結納や婚約会に向けて

DN057_L

また結納や婚約会をしないなら、食事会の席で結納金や婚約記念品を渡すこともあるから、
両家できちんと話し合っておこう。

その場合は必ず個室のある店を。
服装も、あっちはフォーマルで、こっちはカジュアル…な~んてことがないように、ちゃんと決めておこう。

で、いよいよ当日。
両家の顔合わせがいちばんの目的といっても、食事会には挙式準備の初めての話し合いの場という意味もある。
ただ集まって世間話をしながら飲み食いして終わりってことにならないように気をつけて。

別に口上や段取りに決まりはないけど、男性本人やその父親が進行役になって簡単な自己紹介や挨拶、乾杯、食事などをしながら、
今後の予定について話し合うっていうのがベスト。

もちろん両家のコミュニケーションが大事だから、格式ばらずに気分をほぐして食事とおしゃべりを楽しもう。
相手の両親の情報、仕事や趣味なんかはあらかじめ両親に伝えておくと、親同士が勝手におしゃべりしてくれるかもしれない。

出会っているからある程度はやってくれるものの
話題に詰まると「やっぱり結婚式は恥ずかしくないものにしたいですわよねぇ」なんて親同士がヤバイ方向に走る危険もあるしね。

結納をしたのなら結納品を飾るとか、婚約記念品の交換をするとか、ちょっとフォーマルなセレモニーの要素があれば、もうお見事、完壁!
食事会が終わる頃には親同士も打ちとけて、会話も弾むようになれば、こりやも-シメタもの。
あとは一気に入籍なり、結婚式なりに突き進めばいいのだ。


出典:結婚相談所 選び方

婚約披露の定番といえば食事会。

DN001_L

たとえ結納なんかしなくても、やっぱり食事会くらいは1回はしておくべきでしよ。
そのいちばんの目的は両家の親の顔合わせ。
ここで段取りして挙式や披露宴をする場合、両家が結婚式当日初顔合わせして
「初めまして。○○の母でございます…あわわ、も、もう式が始まるう。」なんてドタバタになるよりいいからね。

最近では結納は省くけど食事会はする、というカップルが増えてるみたいだ。
その場合、本来は仲人や神父が担ってた「間を取りもつ」とい2役割を当人ふたりでやるんだってことを心得ておくべし!
食事会をすると決めたら、まず両家の都合を聞いて、挙式6~3カ月前までにすませよう。

「お日柄もよろしい」にこしたことはないけど、全員が集まれる日を重視したほうがベター。
場所は料亭やレストランなどで、落ち着けてプライバシーが保てる個室を取るのがおすすめ。
どこにするのかも両親に相談したほうがいいね。
ナイフフォークに慣れていない両親にはフォーマルなフレンチはキッイぞ。

無難なのは懐石料理だけど、中華料理も円形テーブルをグルグル回して親近感が湧くし、マナーもそれほど面倒じゃないから、最近人気あるよ。
食事会の前に両家で話し合っておきたいことはいろいろある。

まず費用分担。フッーは両家で折半だけど、親戚を呼んだりして人数に差が出るなら頭数で割ってもOK。
親が払う場合が多いけど、そこをがんばってふたりで払ってみたら?
それだけで「オォーッ!あの息子が、娘が…立派になったモンだ(感涙)」なんて親は一気に見直して、
それなりにふたりの意志を尊重してくれるようになるんじゃないかね。


参考: